Skip to content. Skip to main navigation.

活動報告:ボーイスカウトスカウト

つきのわ結成

カブスカウト, ボーイスカウト

11/23~25に遊木の森で、月の輪結成式を行いました。
22団から2名、7団から2名のくまスカウトが道心門をくぐり抜け、月の輪の班を結成。これからボーイスカウトになるための訓練をはじめます。
谷戸部では、先輩スカウトが月の輪スカウトを歓迎。テントを立てる手伝いや、食事を振る舞ってくれました。

急に寒さが増した3日間をでしたが、スカウトは元気に月の輪ハンドブックのプログラムを行いました。
班名は、はやぶさ班。班長、次長を決めて班旗を作成。4人とも和気あいあいで課題に取り組みました。
2日目は、善行ハイキング。遊木の森~草薙神社~日本平の夢テラス~遊木の森と、約10kmのコースを完歩。夜は、先輩スカウトとキャンプファイヤーで楽しみました。
最終日、国旗の掲揚・降納を学び、キャンプの閉会式では、さっそく実践!上手に役目を果たしました。

これから3月まで、月の輪集会を重ねて、初級章の獲得をめざします。
月の輪スカウトのみんな、ボーイ隊で待ってるよ!

スカウトフェア

ボーイスカウト

10月28日、静岡地区のスカウトフェアが護国神社で行われました。
ボーイ部門は大きな竹馬を作って、動かす競争をしました。

まずは班ごとに竹馬を作り、できた班から動かす練習をしました。竹馬は棒を三角形に組んだもので、一人では動かすどころか立ったまま静止することもできません。周囲に張ったロープを班員全員で支えながら、乗り手とサポートメンバーが息をあわせて動かします。

練習の後、地区のカブとビーバー達が見守るなか、竹馬競争が行われました。練習の時からいち早くチームワークを発揮していたシェパード班が、ダントツの移動距離で優秀班になりました。弥栄!

静浦港 釣り

ボーイスカウト

9月から新しい班編成になり、はじめての活動は、静浦港へ釣りにでかけました。
班対抗戦で漁獲高と魚種の数を競う予定でしたが…、天候不順により延期された学校行事と重なってしまい、シェパード班の参加者は2名。対するトラ班は5人。とりあえず、平均して比較することに。
この日は霧雨が降ったり止んだりする曇天の中の釣りとなりました。
はじめはなかなか当たりがなかったものの、場所を変えたりして段々と釣れるようになってきました。
結果は、シェパード班の釣りガールの活躍もあって、人数差を感じさせない互角の漁獲量。優秀班はシェパード班になりました。
釣れた魚は、トラ班はコダイ、カサゴ、サッパ、キンギョの4種、シェパード班もカワハギ、コダイ、サッパ、ハゼの4種でした。

17NSJ

ボーイスカウト

8月4日~10日、石川県珠洲市で開催された17NSJに参加しました。早朝から夜遅くまでぎっちり詰まったスケジュールの中、7日間に渡った厳しい野外生活。仲間を助け、仲間に助けられ、色々な困難を乗り越えて、一回りも二回りも大きくなって帰ってきました。

期間中は、朝5時には食材配給を受けて、調理、食事、片付けを済ませて、7時半には点検、朝礼。そして、昼のプラグラムから夜のプログラムまでの夕方の数時間で、夕食の配給から調理、食事、片付けを済ませます。あまりの忙しさにシャワー(水しか出ない)に行く暇もないくらいで、班員全員が助け合って全員で分担をこなさないと、予定通りに過ごすこともできません。

前半は、食事がうまく作れなかったりして、チームワークもバラバラだったのが、後半になると、協力しあってタイトなスケジュールをこなすようになっていました。

広い草っ原にできた1万人の野営場、夜は満点の星、青い海と空。
思い出深い、とても素敵な平成最後の夏となりました。

(1日目)
前日の3日 21時に東静岡駅のグランシップを出発し、会場の珠洲市りふれっしゅ村鉢ヶ崎に4日 8時に到着。
入所式を行ない、すぐさま設営にかかりました。雲ひとつない快晴で、厳しい暑さの中の作業となりましたが、夕方には概ね予定通り設営は終了。

(2日目)
初日に続き、厳しい日差しと暑さの中、薪置き場などの工作をして、サイトを整えます。
この日はあまりの暑さに、3人ほどが体調を崩しました。
19時からの開会式のため、早めに夕食を済ませて、早々にアリーナ前に並び、開会式に参加しました。

(3日目)
この日からプログラムが始まりましたが、翌日の宗教大会でステージに立つために、静岡9隊は午前中のリハーサルに参加。朝だけ降った豪雨のため、合羽を着てのリハーサルとなりました。
午後からは場内プログラムに参加し、夕食後は千葉8隊と楽しい交流会を開きました。

(4日目)
宗教大会では、9隊はテーマソングの合唱を担当。全スカウトの前でステージに上がりました。
また、ベンチャースカウトの山本君が、ちかいとおきての唱和の担当でステージに立ちました。
夕食後はメインイベントのジャンボリー大集会。早めの夕食を取り、アリーナ前で入場待ち。皇太子殿下も列席されて、盛大なイベントになりました。

(5日目)
午前と午後はそれぞれ場内プログラム。場内プログラムは全5会場あり、半日単位でプログラムに参加し、次の会場に移動します。
そして、この日は、ジャンボリーゲーム日本一プログラムにも参戦。班旗立てや火起こしなどスカウトスキルを駆使した参加隊すべての班対抗戦です。ベンチャーと上班で編成した麒麟班が、班旗立て(6人班部門)で2位につける大健闘!
夕食後は、三重2隊と交流会を行ない、楽しいひとときを過ごしました。

(6日目)
午前中は最後の場内プログラムに参加。
翌日朝の退場のため、昼食後からは、テントなどの撤営を開始。炊事の道具とマーキー2つだけを残してすべて片付けをしました。
19時から閉会式のため、日が暮れる前からアリーナ前に並びました。アイドルグループのステージで盛り上がった閉会式を満喫しました。
この日はマーキーの下で全員が雑魚寝。

(7日目)
朝4時からマーキーの撤営を開始して、5時にはすべての資材をコンテナに積込み。
簡単な朝食を済ませて、閉所式のセレモニーを行ない、りふれっしゅ村鉢ヶ崎を9時に出発しました。
はじめはぐったり眠りこけていたスカウト達は、静岡に近づくにつれ元気を取り戻し、19時過ぎ、グランシップに無事到着しました。

2018 8月 遊木の森キャンプ

ボーイスカウト

遊木の森キャンプ
8/4~10に日本スカウトジャンボリーが石川県珠洲市で行われました。
この大会に不参加のスカウトを対象として、8/4、5に遊木の森でキャンプを行いました。
キャンプサイトは草を刈ってくださってあり、たいへん助かりました。
計画では、ブルーシートを使った簡易テントを作り宿泊する予定でしたが、
虫が多かったため断念。ドームテント泊にしました。

また、参加者もやや少なかったため、
プログラムも変更し、進級訓練と考査を中心に活動しました。
集合・解散場所の県立美術館駅とキャンプ地の間は、暑い中ザックを背負ってハイキング。

食事はスカウト自身が作成したアルコールストーブで沸かしたお湯を使って、
アルファ米など各自持参したものを食べました。
暑い中の活動でしたが、進級考査は2名のスカウトが進級できる見込みとなりました。

新しい投稿ページへ    古い投稿ページへ

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、川村悦子(ボーイスカウト静岡第22団ベンチャー隊隊長)info@shizuoka22.org の責任のもとに掲載しています。(メアドは@マークを小文字@に変更してご利用ください)

サイト管理