Skip to content. Skip to main navigation.

活動報告:ボーイスカウトスカウト

【カブ隊】5月の集会は遊木の森で秘密基地!

カブスカウト, ボーイスカウト, 未分類

ちょっと肌寒い5月の日曜日、天候には恵まれ静岡22団のカブ隊は遊木の森は
谷戸部にやってきました。ここは、反対側の原っぱ部よりも谷に囲まれ
うっそうとした感じが山奥の雰囲気を醸し出していつ来てもいい感じです。
ただし、日本平パークウェイがすぐ横を通っているので自動車やバイクの音が
するのがちょっと興ざめ。

さて、本日の指令書には、「ハイキング中、山中で道に迷ってしまい夜に
そなえてビバークするために組のスカウト全員が横になれる場所をロープ、
ブルーシート、そしてそのあたりに落ちている木で作る」というもの。
雨、風、夜露、そして地面からの冷気を遮る方法で作らなければならない
らしい、ということで、今回はロープワークと設計のお手伝いにボーイ隊から
デンコーチさん5名に来て貰いました。

出来上がったら、その中でおやつ(行動食)を頂きました。全員で協力して
作り上げたリンツー、本格的な物はボーイ隊に上進したら実際に作って
そこで寝てみてね。

カブスカウト隊では、小学3年生から5年生まで男女問わずいつでも見学、
体験入隊を受け付けております。お問い合わせのページよりお気軽にどうぞ。
通常24時間以内に返信させて頂きます。

17NSJ 訓練キャンプ①

ボーイスカウト

5月4日〜6日にかけて、ボーイ隊は、清沢でキャンプを行ないました。ジャンボリーに静岡9隊として一緒に派遣される27団と合同の訓練です。
ジャンボリーに行く行かないに限らず、22団と27団のボーイ隊が集まったので、けっこうな規模の集団になりました。

今回の訓練のメインは、炊事と工作です。
大会中の献立のアナウンスがされているので、それを実際に作ってみました。配給の時間もアナウンスされているので、本番と同じく、5:30から食材の配給。いつものキャンプより朝は30分早い…
配給品を使った調理の練習でもあり、同時に、作ったものを食べきる練習でもあります。食べきれる分だけ作るとか、好みの味付けにアレンジするとか、工夫が必要ですね。

大会本番では、排水も苦労すると見込んで、流し台の工作の練習も行ないました。
たちかまは、ここ最近のキャンプでも作る練習をしてきてるので、それなりに上達してきた感はありますが、水を集める機能をもった棚は、事前の班集会で思い描いた設計図通りには、完成しませんでした。

7月にも訓練キャンプ2を予定しているので、今回の反省をしっかり修正したいですね。次回に期待。

3日間晴天に恵まれましたが、昼は暑く、夜はかなり冷え込み、寒暖の差が激しいからか、2泊でみんな疲れてしまったみたい。
8月の本番は、もっともっと暑いぞ〜。気力も体力も充実させて、1周間乗りきれるように、がんばってくれ〜!

18きっぷ旅行

ボーイスカウト

18きっぷの春の利用期間最後の日曜日、ボーイ隊は18きっぷ旅行にでかけました。この春に上進・入隊した新たなスカウトを交えて、初めての活動です。

「春の風景とスカウト」というテーマの撮影旅行でしたが、あいにくと今年は例年になく早く桜が咲いてしまうというアクシデントにより、狙っていたお花見観光は残念ながら叶いませんでした。

今回の旅行は、静岡東部と小田原までのエリアで、東海道本線、御殿場線、伊東線を使います。目的地や移動についてはゲーム的ルールを設けて、班ごとに行動し、訪問した観光スポットの数や集めた駅スタンプの数で得点を競います。

疲れたけど、天気にも恵まれて楽しい旅行になったかな?

堅実に得点を重ねたトナカイ班が優秀班となりました。

【カブ隊】いよいよ最終、月の輪キャンプにくまの追い出し

カブスカウト, ボーイスカウト

3月はお別れの季節です。が、スカウト達にとっては成長がぐぐっと分かる機会でもあります。くまスカウトは、ボーイ隊と1泊2日のキャンプ、カブ隊は2日目に合流して、くまスカウトの覆いだし料理を作ります。温かな陽だまりの中、調理してみんなで頂きます。そしていつもより沢山のゲームで楽しいひとときを楽しみました。くまスカウトはボーイ隊に上がってもカブ隊のことを忘れないでね、そしてカブ隊で身につけたことを更に磨き上げてほしいと願うカブ隊長でした。

遊木の森キャンプ

ボーイスカウト

3月10日〜11日に、ボーイ隊は月の輪と遊木の森で合同キャンプ。11日は半旗を上げて3.11の追悼をしました。
月末に上進する月の輪たちもボーイ隊と一緒に、県立美術館駅から3キロほどハイキングしましたが、自分の身体と同じような大きさのザックを背負って歩きました。
月の輪は初級取得のための考査を中心に行ないます。ボーイ隊はジャンボリーを控え、たちかまどの工作の練習と考査。上級生たちは、月の輪が自分たちと同じ初級になることにあまり焦りを感じていないみたいで、のんびりしてます。。
のんびりすぎて、どう発破をかけようかと思っていると、いままでにないくらい配給時間もきっちり守るほどの時間厳守っぷり!
そして、たちかまどは、盛り土が少なくて竹に穴が開くハプニングがありましたが、11月に作った時より、かなり形になっていました。
月の輪を交えたボンファイヤでも、今夜の飯は最高にうまかったとか、上手につくれたとか、自慢し放題。
急に成長した感じで、スカウトたちも自信につながったようです。

   古い投稿ページへ

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、川村悦子(ボーイスカウト静岡第22団ベンチャー隊隊長)info@shizuoka22.org の責任のもとに掲載しています。(メアドは@マークを小文字@に変更してご利用ください)

サイト管理